1. TOP
  2. ローラの休日『スパイシーローストチキン』レシピ&カロリー・栄養

ローラの休日『スパイシーローストチキン』レシピ&カロリー・栄養

スパイシーローストチキン

2016.12.23OAのローラの休日は、『スパイシーローストチキン』。クリスマスシーズンにぴったりのレシピですね。でも、気になるのがカロリーですよね。

そこで今回は、スパイシーローストチキンのレシピと、カロリー・栄養についてご紹介します。

Sponsored Link

スパイシーローストチキンのレシピ

【材料】

  • 骨つき鶏もも肉…2本
  • 塩…少々
  • 黒コショウ…少々
  • クミンシード(ホール)…小さじ1
  • オレガノ(ドライ)…小さじ1
  • パプリカパウダー…小さじ1/2
  • チリ-ペッパー…小さじ1/4
  • タマネギ(スライスしたもの)…1/4個
  • にんにく…2片
  • バルサミコ酢…大さじ1
  • ハチミツ…大さじ1
  • クレソン…適量
  • じゃがいも(茹でたもの)…1個

参照:ローラの休日

【作り方】

1.鶏もも肉を骨にそって切り込みを入れます。(火が通りやすくなるため)

スパイシーローストチキンー切り込み

2.フォークで皮目を数か所穴をあけます。

スパイシーローストチキンー穴をあける

3.塩・黒コショウをします。

スパイシーローストチキンー塩こしょう

4.ボウルにクミンシード・オレガノ・パプリカパウダー・チリペッパーを入れて混ぜ、ミックススパイスを作ります。

スパイシーローストチキンースパイス

スパイシーローストチキンースパイス2

5.ミキサーに、タマネギとニンニクを入れて回します。

スパイシーローストチキンーミキサー

スパイシーローストチキンーミキサー2

6.密封できる袋(ジップロックなど)に、ミキサーにかけたタマネギ・ニンニク、バルサミコ酢、ハチミツ、ミックススパイスを入れ、揉んで混ぜます。

スパイシーローストチキンー袋

スパイシーローストチキンー袋2

7.そこに鶏もも肉を入れて2時間漬け込みます。

スパイシーローストチキンー袋3

8.漬け込んだ鶏もも肉を皮目を上にして、天板に乗せます。

スパイシーローストチキンーオーブン

その上に袋の中のタレをかけます。

スパイシーローストチキンーオーブン2

9.200℃に熱したオーブンで、30分焼きます。(ホームページでは30~40分となっています。)

スパイシーローストチキンーオーブン3

10.焼きあがったら皿に移し、茹でたじゃがいも、クレソンを添えます。完成です。

スパイシーローストチキン

Sponsored Link


スパイシーローストチキンのカロリーは?(参考値)

  • 骨つき鶏もも肉…2本→1020kcal(1本の可食部250gの場合)
  • クミンシード(ホール)…小さじ1→20kcal(5gの場合)
  • オレガノ(ドライ)…小さじ1→10kcal(5gの場合)
  • パプリカパウダー…小さじ1/2→10kcal(約2gの場合)
  • チリ-ペッパー…小さじ1/4→1kcal(1g程度の場合)
  • タマネギ(スライスしたもの)…1/4個→17kcal(中サイズ1個200gの場合)
  • にんにく…2片→10kcal(1片8gの場合)
  • バルサミコ酢…大さじ1→13kcal(15gの場合)
  • ハチミツ…大さじ1→3kcal(大さじ1=22gの場合)
  • クレソン…適量→5kcal(20gとした場合)
  • じゃがいも(茹でたもの)…1個→76kcal(100gの場合)

合計…1185kcal(2本)

日本食品標準成分表2015年版(七訂)を参照し計算しています。

スパイシーローストチキンの栄養は?

鶏もも肉

鶏もも肉は、可食部100gあたり204kcal。たんぱく質は16.6kcalで高カロリー食品です。脂質は14.2gで高めですが、オレイン酸が含まれています。オレイン酸は便を柔らかくして排便を促してくれる働きが期待できます。

クミンシード

クミンには、体脂肪の減少や代謝促進効果があることが研究によりわかっています。これは、クミンに含まれる植物ステロールが関連していると考えられています。

オレガノ

スパイスに使われるオレガノ。オレガノには、ビタミン・ミネラルがバランスよく含まれています。中でもビタミンE・ビタミンCが多く含まれていることから抗酸化作用が期待できるスパイスです。

パプリカパウダー

パプリカにはビタミンCが多く含まれてます。ビタミンCが多い食べ物と言えばレモンを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、パプリカはレモンよりもビタミンCが多く含まれています。

チリーペッパー

チリーペッパーは、唐辛子を粉にしたスパイスです。唐辛子には、カプサイシンという成分が含まれています。カプサイシンは、アドレナリンの分泌を促します。

タマネギ

タマネギには、ビタミン・ミネラル・食物繊維がバランスよく含まれています。また、ポリフェノールの一種であるケルセチンは、血流を改善する働きが期待できる成分が含まれています。

番組内でも紹介されているように、肉を柔らかくしてくれる成分も含まれています。

ニンニク

ニンニクを切り刻むアリシンが生成されます。そして、アリシンは加熱することで血行促進・代謝促進が期待できるスコルジニンに変化します。

ハチミツ

甘味料にハチミツを使用している人もいるのではないでしょうか。ハチミツの糖質にはオリゴ糖が含まれているため、整腸作用が期待できます。ミネラルがバランスよく含まれていることも特徴のひとつです。

クレソン

付け合わせに利用されるクレソンですが、栄養価の高い野菜の一つです。ビタミン・ミネラルがバランスよく含まれていて、中でもβカロテンが多く含まれています。

また、クレソンに含まれるシニグリンは、肉の脂肪の消化を高める働きがあるため、ローストチキンの付け合わせは理にかなったものと言えます。

じゃがいも

イモ類は高カロリーなイメージを持っていませんか?じゃがいもは、100g当たり76kcalで、決して高くはありません。栄養価を見ると、ビタミンCやカリウムが多く含まれています。糖質は100g当たり16.3gですが、その一部にはレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が含まれているため、太りにくく腹持ちが良いと言われています。

まとめ

いかがでしたか?鶏もも肉は、たんぱく質が豊富な食材でありながら、高カロリーなために抵抗のある人もいるかもしれません。しかし、使用されているミックススパイスは、代謝促進や抗酸化作用が期待できものです。この他にも栄養価の高いものと一緒になっているので、栄養バランスを考えたレシピになっています。

ローラの休日で紹介された他のレシピは、以下の記事でまとめてご紹介しています。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美ダイエッ子ちゃんの注目記事を受け取ろう

スパイシーローストチキン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美ダイエッ子ちゃんの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

その他の記事

  • 【ダイエット総選挙】伊達友美式グルテンフリーダイエットの方法と効果!

  • グルテンフリーダイエットで成功するたった4つのポイント!

  • 脂肪の吸収を抑える効果が期待できる食べ物・飲み物10選!

  • 大麦にダイエット効果がある理由はコレ!痩せる食べ方とオススメレシピ10選!

こちらも読まれています

  • たんぱく質の摂り過ぎは肝臓・腎臓に悪影響なの?【糖質制限・MEC実践中】

  • 夜食べても太らない?!夜中にお腹が空いたらオススメの食べ物とレシピ13品

  • おいしく摂取できる!MCTオイルを使ったレシピ10選!

  • ローラの休日『ハーブクッキー』レシピ&カロリー・栄養

  • 牛肉の部位別カロリーと栄養!

  • 小麦粉不使用!糖質制限!目的別おからクッキーの作り方20選