1. TOP
  2. お腹の脂肪を落とすには?誰にでもできる食事・運動テクニック

お腹の脂肪を落とすには?誰にでもできる食事・運動テクニック

お腹脂肪

女性が気になってる体の部位のひとつが、お腹の脂肪。一見太っているようには見えない人でも、脱いでみるとプヨプヨお腹、ポッコリお腹なんてことも少なくありません。特に薄着になる季節になると気になってしまいますよね。

お腹の脂肪については「痩せればいい」という単純なものではなく、他の部位に比べて脂肪を落としにくい、落ちにくいものです。

今回は、お腹の脂肪を落とすテクニックを紹介します。

Sponsored Link

お腹に脂肪がついてしまった理由・原因

お腹脂肪原因

お腹の脂肪を落とすテクニックを紹介する前に、その原因について説明しましょう。

今あなたのお腹がポッコリ・プヨプヨお腹になってしまっている理由・原因はいくつか考えられます。

お腹は脂肪がつきやすい

まず、知ってもらいたいのが、お腹は脂肪がつきやすいとということです。

腹部には、内蔵が集中しています。それを守るためにお腹に脂肪がつきやすいものとなっています。女性においては、卵巣や子宮があるため、男性に比べてよりお腹まわりに脂肪がつきやすくなっています。

また、脂肪がつきやすいだけでなく、落ちにくい部位でもあります。これは、人間の機能として仕方のないことです。

お腹周りの筋力低下

日常生活で意外と使われにくい部位の筋肉がお腹周りです。

筋肉が使われないと衰えてしまい、お腹がたるんでしまうのです。日常生活でお腹周りの筋肉を使う、筋力トレーニングを行うなど鍛える必要があります。

食事が偏っている

太ってしまう主な原因であるのが食事です。

  • ご飯や麺類をたくさん食べる。
  • 甘いお菓子がやめられない。

これは炭水化物や糖質・糖分の摂り過ぎで太る原因になります。特に吸収の早い糖質・糖分は脂肪がつきやすいと言われています。

また、カロリーが高いという理由で、脂質を過剰に避けている人がいますが、これも良いことではありません。脂質はダイエットの悪者扱いをされがちですが、摂り方を間違えると痩せにくく、太りやすい原因にもなります。

心が満たされない・ストレスが溜まっている

痩せるため、お腹の脂肪を落とすためには、食事は大事ですが精神面も大事な点のひとつです。精神状態によって食欲や体内のホルモンに変化が起きます。

まず、ストレスを感じると、コルチゾールと呼ばれるホルモンが分泌されます。このコルチゾールは、脂肪を溜める働きをします。

また、コルチゾールが分泌されると、今度はレプチンと呼ばれる食欲抑制ホルモンの分泌量が減少します。つまり、食欲が増して脂肪を溜めやすい体質に変わってしまうのです。

落ち込みやすかったり、いつまでも嫌なことを忘れられずにいる性格の人は、知らないうちに太りやすいカラダになっているかもしれません。

睡眠不足

ストレスによって食欲抑制ホルモン「レプチン」の分泌量が減ると言いましたが、睡眠不足でもレプチンの分泌量が減ると言います。

そして、これだけでなく、食欲中枢を刺激するホルモン「グレリン」が増えます。また高脂肪の食べ物を欲する傾向があります。

睡眠時間を十分にとっていないと、太りやすい傾向になるんです。

姿勢が悪い

お腹周りの筋肉を使っていないと衰えて脂肪がつきやすくなると述べましたが、普段の姿勢が原因でお腹周りに脂肪がついてしまっているかもしれません。

普段から正しい姿勢でいる人は、それだけで筋肉を使っています。しかし、猫背になっている人は、筋肉は使われていません。猫背は確かに楽な姿勢なのですが、楽な分だけ筋肉は使われていないのです。

前かがみである猫背だけでなく、反り腰になっている人もお腹がポッコリとなってしまう原因です。ポッコリお腹の他にお尻が垂れてしまう原因にもなります。壁に背中をつけてみてください。その時に腰のあたりに隙間ができていたら反り腰になっている可能性があります。

姿勢が悪いことは、脂肪がつきやすくなるだけでなく、内蔵が下垂しお腹がポッコリお腹になってしまいます。

便秘

女性は便秘に悩んでいる人も多いのですが、この便秘もポッコリお腹になっている原因です。便秘の原因は様々あります。

例えば、ダイエットをしていて少食になっている人。小食だと腸の運動量が少ないため腸の筋肉が低下します。食べすぎはもちろんよくありませんが、極端に少食にしている人は、痩せるつもりでも便秘になってお腹がポッコリしていまっていることがあります。

夜更かしによる自律神経の乱れも、便秘の原因になります。自律神経と腸の働きは関係していて、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで便秘になってしまうのです。

この他にも、体の冷えや水分不足、食物繊維不足などで原因で便秘になっている人は、ポッコリお腹になっている可能性があります。

Sponsored Link


お腹の脂肪を落とす・ポッコリお腹を解消する方法

お腹脂肪解消

 

お腹周りに脂肪がついてしまっている、または脂肪がついてなくてもポッコリお腹になってしまっている理由はわかりましたか?

では、その解決法をご紹介します。

姿勢を正す

姿勢が悪いとお腹周りの筋肉が使われず、脂肪がつきやすくなると説明しました。

ということは、正しい姿勢を知り、普段の生活から気をつければ良いんです。

では、正しい姿勢とはどのようなものを言うのでしょう?

モデルの仁香さんが教えてくれる正しい姿勢のポイントです。

いつも姿勢の悪い人はとても窮屈な気もするかもしれませんが、この正しい姿勢を確認し日常生活で気をつけるだけでも改善されます。

正しい姿勢になれば、お腹周りの筋肉も使われますし、その結果基礎代謝も上がります。

バランスのとれた食事

食事はやはり栄養バランスを意識したものにしたいです。

特に炭水化物や甘いお菓子などの糖分を摂り過ぎてしまうと、脂肪もつきやすくなります。炭水化物を抑え、高タンパクでたくさんの野菜を摂取するように心がけましょう。

また、糖質の吸収を抑えると言われている食べ物もうまく取り入れるのも良いでしょう。

ひとつは、「酢」です。お酢の主成分である酢酸は、糖の吸収を穏やかにすると言われています。糖の吸収が穏やかになるということは血糖値の上昇も緩やかになるので、太りにくくなるというわけです。

食物繊維も糖質の吸収を抑えることがきたいできるものです。食事の最初に食物繊維が多く含まれている野菜や海藻、きのこ、豆類などを摂ることで、その効果を期待できます。

お腹周りに効果的な運動

お腹周りを引き締める運動を紹介します。

ドローイン

ドローインとは、お腹を意識的に凹ますことです。意識的にお腹を凹ますことで筋肉が形状記憶を行いウエストが細くなるというものです。

スクワット

お腹周りの脂肪を落としたいのにスクワット?と思われる人もいるかもしれませんが、脂肪を落とすために効率が良いのがスクワットです。

 お腹周りの脂肪を取る1週間エクササイズ

YouTubeで話題になったエクササイズです。

水平足踏みダイエット

これは、その場で足踏みを行う方法です。とっても単純な方法ですが、効果的です。

こちらも参考にして、あなたに合う方法を試してみてください。

この他にも、バランスボールやヨガなどといったインナーマッスルを鍛える運動がオススメです。

まとめ

いかがでしたか?お腹に脂肪がついてしまっている原因は様々あり、あなたがどの理由で脂肪がついてしまっているのかを知ることがまずは大事です。そして、それに適した対策をしてください。

最初に述べたように、お腹の脂肪はつきやすく取れにくい部分です。いち早くお腹の脂肪を解消したい気持ちはわかりますが、運動や食事に気をつけて、焦らずゆっくり継続していくことに気をつけましょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美ダイエッ子ちゃんの注目記事を受け取ろう

お腹脂肪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美ダイエッ子ちゃんの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

その他の記事

  • 【ダイエット総選挙】伊達友美式グルテンフリーダイエットの方法と効果!

  • グルテンフリーダイエットで成功するたった4つのポイント!

  • 脂肪の吸収を抑える効果が期待できる食べ物・飲み物10選!

  • 大麦にダイエット効果がある理由はコレ!痩せる食べ方とオススメレシピ10選!

こちらも読まれています

  • 芸能人も愛飲!グリーンスムージーでダイエット効果を上げるやり方とレシピ!

  • 【緊急!とにかくすぐ痩せたい】短期で痩せるダイエット方法8選

  • 無理なく痩せられる?おからダイエットの方法と効果!

  • 消費カロリー2倍!?縄跳びダイエットの方法と効果!

  • 下っ腹ぽっこり解消!呼吸法ダイエットの効果と方法!

  • 焼きりんごでダイエット効果・栄養の吸収力アップの理由&人気レシピ!